男女による育毛剤の効果の違い
2017.06.22

男性のイラスト薄毛と言うと男性特有の悩みだと思う方も多いと思いますが、今は女性であっても薄毛に悩んでいる方がとても増えているのです。男性の薄毛の大半は、頭頂部や額の生え際、前頭部が薄くなる男性型脱毛症と言われるタイプで、これは男性ホルモンであるテストステロンが、ジヒドロテストステロンというものに変化する事で髪の成長を妨げてしまうというメカニズムです。
加齢が大きな原因ではありますが、仕事の付き合いで外食が増えて食生活が乱れたりタバコやストレスが原因で血行不良がおき、頭皮に栄養が行き届いていない事も薄毛の要因と言われています。女性の薄毛は男性型脱毛症とは違い部分的に薄毛が目立つようになるのではなく、髪の毛が抜けたり次第に細くなり頭皮全体が透けて見えるように薄毛が進行して行くのが特長です。髪を染めるカラー剤やパーマ液などの頻繁な使用も頭皮を傷める原因の1つですが、最も大きな原因はホルモンによるものと言われています。
女性には月経があり一ヶ月の中でもホルモンバランスが変化します。そして一生の中では、妊娠・出産時にもホルモンのバランスが大きく乱れます。 また、女性には40歳〜45歳を過ぎると更年期にさしかかります。更年期とは、卵巣機能が低下する事で女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下し、脳はエストロゲンを出せと指令しますが、卵巣機能の低下で体はエストロゲンを出す事が出なくなります。エストロゲンが低下すると髪が抜け、薄毛や白髪などの症状が出ると言われています。このように男女には薄毛になる原因やメカニズムに違いがある為、使用する育毛剤にも違いが出てきます。
では男性の発毛にはどんな育毛剤が効果的なのでしょう?男性には男性ホルモンを抑える働きがある成分が配合された育毛剤をオススメします。オウゴンエキス、DHTを減らしてくれるノコギリヤシ、副作用の心配が少ないキャピキシル、ヒオウギエキスなどが配合されているもの、また、男性の方が皮脂の分泌が多いので有効成分濃度が高く、血行促進効果が高い物を選ぶのも良いでしょう。育毛剤の通販サイトを見ると詳しい成分を調べる事ができます。
女性には、減少していくエストロゲンを補う成分の入った育毛剤がオススメです。大豆イソフラボンなどが入った薬用育毛剤や、ハーブエキスなど女性の敏感な肌に合わせて作られている物、無添加の育毛剤も肌に優しくオススメです。また女性にはリラックス効果が期待できる物も人気です。香りの良い育毛剤を選んだり、デザインがかわいく育毛剤を使用して毎日の頭皮ケアが楽しくなれば精神的なサポートにもつながります。店頭で買うのが恥ずかしい女性でも薬用育毛剤を通販で購入する事もできます。
男性用、女性用ともに髪を生やす、育毛するという最終的な目的は同じですが、配合されている成分には違いがある為、兼用などはせず、それぞれに合った育毛剤を使用したいですね。

▲ ページトップへ